MENU

アトピー性皮膚炎

一般皮膚科

アトピー性皮膚炎とは、かゆみを伴う皮疹が全身に現れ、皮膚症状は良くなったり悪くなったりを繰り返すことが特徴の皮膚疾患です。アトピー性皮膚炎の発症に重要と考えられているのがアトピー素因です。

アトピー素因とは

家族内にアレルギーの方がいたり、気管支喘息や鼻炎や結膜炎になりやすいなどの経歴がある方です。しかし、具体的になぜアトピー性皮膚炎を発症するかはまだほとんど分かっていません。
アトピー性皮膚炎の治療はステロイド軟膏及び保湿剤の使用が主です。ステロイドを避けたい場合は漢方薬やかゆみを抑える注射薬を行います。

湿疹

皮膚は薄い一枚の皮のようにみえますが、表皮、真皮、皮下組織の3つの層からできています。一番外側の表皮は、日光(紫外線)、ほこり、細菌、ウイルスといったさまざまな異物から体を直接保護しています。

体の外壁として日常的に外の刺激から体を守ってくれています。防ぎきれない外部からの刺激や、特定の原因物質が刺激となることなどで起こるのが湿疹・皮膚炎で、「かぶれ」「じんましん」「あせも」などがあります。かゆみを伴うことが多いため、ついついかいてしまいがちです。

「かゆい」→「かく」→「患部をかき壊してしまう」→「化膿・悪化する」「患部が拡大する」という繰り返しになります。
皮膚に炎症を起こしていたり、原因がアレルギーのときはステロイド成分で過剰な免疫反応を抑え、細菌感染のときは抗生物質で細菌を抑えます。強い炎症がなくかゆみだけなら抗ヒスタミン薬が効果があります。

にきび

一般皮膚科

にきびの原因は、アクネ菌と呼ばれる菌が毛穴に詰まった老廃物や皮脂を栄養分に増殖していくことでなります。炎症を増殖した場所が起こし、かゆいような痛いようなにきびに、赤く腫れてしまうことでなってしまうのです。

にきびは顔に一番出やすいですが、頭皮や背中などにもできます。白い膿を一度にきびが出来てから指でつぶしてしまったりすると、跡が残ったり繰り返し出来てしまったりと厄介な皮膚病になってしまいます。
ホルモンの関係で皮脂が非常に多く分泌されることや新陳代謝が良いことが、にきびが十代に多い原因として考えられます。にきびが出来やすくなっている肌の表面は、老廃物が出やすい環境にあります。

汚れた手で触ったり、にきびをつぶして膿を出してしまったりする人が、にきびが顔に出来てしまうと、触りやすい場所に多くあります。

にきびが肌に不用意に、できたときには、にきびをつぶさないように注意しましょう。にきびができてしまった肌にとって大切なのは、むやみに触ってひどくならない様に正しい知識と普段からのスキンケアをすることをおすすめします。

にきびの治療

皮脂分を除去する薬剤と、保湿剤を処方します。その後、アクネ菌の抗菌剤や漢方薬により、老廃物の改善をします。その他に、ラクトピーリングは肌質の改善に最適です。

洗顔でにきびケア

効果的なにきびケアは、まだ程度が軽いうちからケアをすることです。汚れや皮脂がいつまでも皮膚にこびりついていないよう洗顔で肌をきれいに保つことがにきびケアの第一歩です。特に、はえぎわは汚れが集まりやすいので、洗いやすさを確保しましょう。手についている汚れが顔につかないよう手洗いをし、蒸しタオルなどを2分から3分ほど顔にあて、毛穴を開かせるのがにきびケアの洗顔のポイントです。

毛穴が開いたことを確認したら、ぬるいお湯でさっと洗って大きな汚れを落とします。
にきびには洗顔石鹸(ピールバー)が最適です。

pagetop