子宮体がん

更年期に発生率が高くなりますが、最近では30歳代の若い女性にも増えています。

更年期に発生率が高くなりますが、最近では30歳代の若い女性にも増えています。
子宮体がんは、子宮体部の内側にある子宮内膜から発生するがんです。

年齢別に見ると、子宮体がんは40歳代後半から増加し、50歳代から60歳代にピークを迎え、その後減少します。
もともとは欧米人に多く、日本人にはあまり見られないがんだったのですが、生活習慣や食生活の欧米化により増加傾向に。
閉経後、出産経験がない・不妊症・生理不順・無排卵・肥満・高血圧などの人が罹りやすいといわれています。
更年期に発生率が高くなりますが、最近では30歳代の若い女性にも増えています。
子宮体がんは、子宮体部の内側にある子宮内膜から発生するがんです。

年齢別に見ると、子宮体がんは40歳代後半から増加し、50歳代から60歳代にピークを迎え、その後減少します。
もともとは欧米人に多く、日本人にはあまり見られないがんだったのですが、生活習慣や食生活の欧米化により増加傾向に。
閉経後、出産経験がない・不妊症・生理不順・無排卵・肥満・高血圧などの人が罹りやすいといわれています。

子宮体がんは、初期には不正出血が起こることが多いのですが、40歳を過ぎたら定期的に検診を受けることをおすすめします。

子宮体がんの症状

性器からの不正出血が90%の患者にみられます。閉経前は月経過多になったり,閉経後でも出血がみられたりします。 またおりものの色がピンクや茶に変わったり,不快なにおいがすることもあり,貧血や下腹部痛もみられるようになります。

子宮体がんの検査

子宮内膜から採取した細胞の,顕微鏡による病理学的検査が必要です。この検査で異常が見られた場合は,子宮内膜の組織を採取し,検査します。また子宮内に内視鏡を挿入して,観察し診断します。

ここで子宮体がんと診断されると,進行度を調査するために,X線や,CT,MRIなどの診断装置での検査も行われます。