PMS(月経前症候群)

~生理前のイライラは、PMSのサイン~

月経前の不快な症状は、月経前症候群(PMS)と呼ばれます。
月経前症候群は、働く女性の7~8割が体験するといわれます。
上手に対処して、快適に過ごしましょう。

PMSとは、PremensTrual Syndromeの略で、「月経前症候群」と訳されます。経前の約3~10日前から起こる精神的・身体的に現れる不快な症状のことです。かし、月経が始まると次第に嘘のようにスッキリしてきます。

 

はっきりとした原因は未だにわかっていませんが、女性ホルモンの影響が考えられます。排卵後に卵巣から分泌されるプロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンの影響が原因の1つとされており、またビタミンB2やマグネシウムの欠乏も考えられています。生真面目で神経質な性格の人が陥りやすいとも言われています。

 

症状は人によってさまざまですが、例を挙げると次のようになります。
【身体的症状】
頭痛、めまい、肩こり、乳房の痛み・張り、ニキビ、肌荒れ、便秘、下痢、お腹の張り、むくみ、体重増加
【精神的症状】
不眠、眠気、イライラ、ゆううつ、集中力の低下、抑うつ状態、摂食異常(拒食、過食)、性欲の変化

 

治療方法としては、経口避妊薬(ピル)を用いてホルモンのバランスを調整したり、漢方薬などが有効なこともあります。食事療法やリラクゼーションなど日常生活の改善も重要です。

PMSのチェック表はこちらからダウンロードできます。