子宮頸がん

にきびの原因は、アクネ菌と呼ばれる菌が毛穴に詰まった老廃物や皮脂を栄養分に増殖していくことでなります。
炎症を増殖した場所が起こし、かゆいような痛いようなにきびに、赤く腫れてしまうことでなってしまうのです。
にきびは顔に一番出やすいですが、頭皮や背中などにもできます。
白い膿を一度にきびが出来てから指でつぶしてしまったりすると、跡が残ったり繰り返し出来てしまったりと厄介な皮膚病になってしまいます。
ホルモンの関係で皮脂が非常に多く分泌される事や新陳代謝が良いことが、にきびが十代に多い原因として考えられます。
にきびが出来やすくなっている肌の表面は、老廃物が出やすい環境にあります。
汚れた手で触ったり、にきびをつぶして膿を出してしまったりする人が、にぎびが顔に出来てしまうと、触りやすい場所に多くあります。

にきびが肌に不用意に、できたときには、にきびをつぶさないように注意しましょう。
にきびができてしまった肌にとって大切なのは、むやみに触ってひどくならない様に正しい知識と普段からのスキンケアをすることをおすすめします。

にきびの治療

皮脂分を除去する薬剤と、保湿剤を処方します。その後、アクネ菌の抗菌剤や漢方薬により、老廃物の改善をします。
その他には、ラクトピーリングは肌質の改善に最適です。

洗顔でにきびケア

効果的なにきびケアは、まだ程度が軽いうちからケアをすることです。汚れや皮脂がいつまでも皮膚にこびりついていないよう洗顔で肌をきれいに保つことがにひぎケアの第一歩です。特に、はえぎわは汚れが集まりやすいので、洗いやすさを確保しましょう。 手についている汚れが顔につかないよう手洗いをし、蒸しタオルなどを2分から3分ほど顔にあて、毛穴を開かせるのがにきびケアの洗顔のポイントです。
毛穴が開いたことを確認したら、ぬるいお湯でさっと洗って大きな汚れを落とします。
にきびには洗顔石鹸(ピールバー)が最適です。