子宮内膜症

月経は、通常、子宮の内側を覆っている子宮内膜が一定の周期で増殖し、はがれ落ちて起こります。
しかし、子宮以外の場所で月経が起こることがあり、これを子宮内膜症といいます。

【症状】
代表的な症状は、激しい月経痛です。
また、性交時痛や排便時痛、腰痛なども起こり、進行すると不妊症の原因になることがあります。

気になる症状がある方は、お早めに診察をお受けください。


子宮内膜症の診断には、以下の二通りの方法があります。
1.内診、血液検査、画像診断(超音波、MRI、CTなど)などによる方法
2.腹腔鏡による方法
このうち、もっとも広く行われているのは1.の方です。

子宮内膜症の治療

子宮内膜症の治療には、大きく分けると
1.手術療法(開腹手術、腹腔鏡手術)
2.薬物療法(偽妊娠療法、偽閉経療法)
があり、場合により両者を併用して行います。

子宮内膜症は、その病態の特徴として毎月月経が来るたびに悪化していく可能性を持っているので妊娠をして生理が止まってしまえば、それ以上子宮内膜症は悪化しない、ということになります。
実際、妊娠・出産を経験すると子宮内膜症は悪化するどころかかなり病状が軽減することが知られています。妊娠しているのと同様の状態にすれば、妊娠による治療効果と同じような効果が得られるのです。これが偽妊娠療法と呼ばれるものであり、この妊娠しているのと同様の状態を作り出すのに使用されるのがピルです。

生理が止まれば子宮内膜症は良くなるわけですから、当然閉経してしまっても病気の軽減が期待されることになります。このことを利用した治療法が偽閉経療法と呼ばれるもので、具体的には薬剤投与により閉経期同様のホルモン状態にするのですが、こちらの方法が擬妊娠療法と最も異なる点は、治療中のエストロゲンの量が非常に少ないレベルに抑えられることです。 手術が必要な方は、その方のご希望と通院を考慮しピッタリの医療機関をご紹介します。