更年期障害

ある日突然あらわれる更年期障害の辛い症状・・・
更年期を克服して、明るい更年期を過ごしましょう!

女性の更年期とは、「卵巣機能が衰退しはじめ、消失する時期」で、閉経を境とした概ね45~55歳の期間です。卵巣から分泌される女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは、40代半ば頃より減少し始め、閉経期に急激に低下します。このホルモン環境の変化が、更年期障害といわれるさまざまな症状をもたらす原因となるのです。また、このホルモン環境の変化に加えて、社会・環境的要因(家庭、職場、社会におけるストレスや不安)、心理的要因(几帳面、神経質、完璧主義などの性格)が絡み合って症状を一層複雑にしてしまうのです。

 

主な症状としては、月経不順、ほてり、のぼせ、発汗、冷え、不眠、頭痛、肩こり、しびれ、知覚過敏などの身体症状、不安や恐怖、いらいら、憂うつ感などの精神神経症状です。

 

更年期障害の治療法としては、ホルモン補充療法(HRT)がほてりやのぼせなど血管運動神経症状といわれる症状の改善に速攻性があり、効果も高いのですが、2002年のアメリカでの大規模臨床試験の中間報告で、乳がんや心・血管障害などのリスクが強調されて以来、日本でも一時期使用率が減少していました。
しかし、この試験の対象者が一般の更年期より高齢で、あまり健康的ではない女性も含まれていたことがわかり、中間報告は日本の更年期女性にはあてはまらないという見解がなされ、改めてHRTが見直されるようになりました。

 

以後、日本人女性においては、HRTは乳がんリスクを減らすというデータなども蓄積され、HRTは閉経後の女性において的確な管理がなされれば、極めて有効な治療法であるととらえる方向が世界的にも強くなっています。

 

HRT以外の治療法としては、漢方薬やサプリメント、またメンタルストレスが強い場合は、SSRIという抗うつ剤の処方やカウンセリング(心理療法)などが行われます。

更年期障害

簡略更年期指数チェック表はこちらからダウンロードできます。