検診の必要性

年齢やホルモンステージに対応した女性検診メニューをご用意しております。
検診メニューについてはこちらをご覧ください。

子宮頚がん検診

子宮頚がんの原因となるヒト・パピローマウィルス(HPV)は、性行為によって感染します。そのため、10代でも性交経験のある方は、子宮頚がんのリスクがあるということになります。20代や30代での子宮頚がんは増えてきており、年齢を問わず、検診の必要性が指摘されています。子宮頚がんは早期(0期叉は1a期)に発見されれば、子宮の一部又は子宮全体をとることでほぼ完全に治療する事が可能です。しかし、早期の場合自覚症状はほとんどありません。不正出血や性交時出血といった、はっきりとした自覚症状があったときには、かなりがんが進行していることも少なくありません。治療可能な早期のうちにがんを発見するためにも、1年に1回の定期検診をおすすめしています。

女性ホルモン検査

女性ホルモンとは、卵巣で作られる2種類のホルモンの事をいいます。通常は20代前半くらいで最もバランスが安定し、40代に入ると徐々にバランスが乱れてきます。しかし、食生活・生活リズムの乱れやストレスフルな生活によって、ホルモンバランスが乱れる女性が増えてきています。月経不順がある方はもちろん、冷えや全身のだるさなど、原因のはっきりしない体調不良がある方は、一度女性ホルモンのバランスを確認されてはいかがでしょうか。

超音波検査

30代の女性の3~4人に1人は子宮筋腫を持っており、また最近では子宮内膜症は20代から増加傾向にあるといわれています。しかし、子宮筋腫や卵巣のう腫は、かなりの大きさにならなければ症状が出ないことも少なくありません。また、卵巣は「沈黙の臓器」と言われるくらい、病変があっても症状が出にくい臓器です。これらの病変を早期に発見するには、経膣超音波で子宮や卵巣の状態を定期的にチェックすることが大切です。月経血量が多い方や月経痛がひどい方はもちろん、何も症状がない方でも、1年に1回は超音波検査を受けておくと安心です。

性感染症検査

性行動の低年齢化により、10代~20代への性感染症の蔓延は深刻な問題となってきています。特に、クラミジア感染症は近年若い女性に増加してきており、感染しても無症状であることも少なくありません。気になる症状がある方はもちろん、パートナーが変わったときには、ひと通りの検査を受けておくことをおすすめします。また、ご結婚やご妊娠を予定されている方は、妊娠前検査として性感染症検査をしておくといいでしょう。