子宮頸がん

性体験がある女性は、誰でも年齢に係わらず要注意!!

子宮は、子宮の入り口にあたる子宮頸部と胎児を育てる子宮体部とに分かれています。子宮頸がんは、子宮頸部にできるがんです。
日本では、子宮頸がんが圧倒的に多く、子宮がん全体の約70%を占めています。
最近では、20~30歳代の若い女性の増加が目立ってきました。

子宮頸がんは、ヒト・パピローマウィルス(HPV)というウィルス感染が原因で起こることが解明されています。
ヒト・パピローマウィルス(HPV)は、性交渉により感染します。
性交渉の経験のある女性は、年齢に関係なく誰でも感染リスクがあるといえます。


子宮頸がんは検診により、がんになる前の状態から発見することができるので、定期的に検診を受けることが大切です。 最近、子宮頸がんを予防するワクチンを受ける方が増えています。

子宮頸がんの症状

早期では自覚症状はないことが多いのですが、症状として多くみられる症状は、性器からの出血で、性行為の後や生理以外の時に出血が見られるたりします。おりものの量が増えたり、ピンクや茶の色がつくこともあります。

これらの症状は膣炎、子宮内膜炎、子宮頸管ポリープ、子宮筋腫など良性の病気でもみられますので、これらの症状があってもすぐにがんとは言い切りませんが、早めに子宮がん検診をおすすめします。

子宮頸がんの検査

癌検診のほとんどは、子宮の出口の細胞を綿棒やブラシで擦り取って顕微鏡で見る「細胞診」です。
なるべく痛くないように検査していますが、見落としがあってはならないので、少量の出血がある方もいらっしゃいます。
たいていは翌日には治まります。

上記の細胞診で異常な細胞が発見された時には,膣拡大鏡で直接観察したり,組織の一部を採取して,顕微鏡で調べるなどして,総合的に診断します。  細胞診の検査結果は以下のようにクラス分類され判定されます。

細胞診の検査結果は以下のようにクラス分類され判定されます。
細胞診のクラス分類
クラスⅠ(陰性) 正常
クラスⅡ(陰性) 炎症はあるが正常細胞
クラスⅢa(偽陽性) 軽度~中度の異形成細胞がある
クラスⅢb(偽陽性) 高度の異形成細胞がある
(前がん段階)
クラスⅣ(陽性) 上皮内がんを想定する
(がん病期分類・ステージ0期)
クラスⅤ(陽性) 浸透がんを想定する
(がん病期分類・ステージⅠa期以上)
診断の結果クラスIIIa以上の場合は精密検査を行います。

この「クラス分類」は、分かりやすくて便利ですが、国際分類である「ベセスダシステム」に基づいた分類に変更することが推奨されるようになってきました。

ベセスダシステム

NILM(クラスⅠ、Ⅱ):正常な細胞のみ
ASC-US(クラスⅡ、Ⅲa):異形成とは言えないが細胞に変化がある
ASC-H(クラスⅢa、Ⅲb):高度な細胞異型の可能性があるが確定できない
LSIL(クラスⅢa):HPV感染や軽度異形成と考えられる
HSIL(クラスⅢa、Ⅲb、Ⅳ):中等度異形成・高度異形成・上皮内癌と考えられる
SCC(クラスⅣ、Ⅴ):明らかな扁平上皮癌と考えられる

クラス分類より少し複雑です。

以前の分類との違いは、ひとつは異形成のレベルを「軽度」と「中等度と高度」という2分類にまとめたことです。あとひとつは「HPV感染の有無」を重視しました。明らかにHPV感染があると考えられる場合は、精密検査が必要なレベルに分類されることになります。

それぞれの結果だった場合

NILM→1年ごとの定期検診を続ける
ASC-US→HPV検査をして「陰性」なら1年ごとの定期検診・「陽性」なら組織診
ASC-H・LSIL→組織診
HSIL→コルポ診+頚管内組織検査又は円錐切除
SCC→円錐切除又はそれ以上の手術

明らかに正常な場合と明らかに癌であるという場合を除き、ほとんどが組織診という精密検査が必要になります。
組織診で「異形成なし」「軽度異形成」「中等度異形成」という結果であれば、治療に進む必要はなく、3~6ヶ月ごとに細胞診で様子をみます。
逆に「高度異形成」「上皮内癌」といった結果であれば、円錐切除を行います。

最近はHPVハイリスクタイプの検査を今までの子宮頸がん検診と一緒に行うことで、より精度を上げることができるということも言われています。子宮がん検診とHPV検査のいずれも「陰性」であった場合は、ほぼ100%現時点で軽度異形成以上の病気はないと判断します。アメリカでは両方の検査が「陰性」であれば、次の検診は3年後としています。
日本では、昨年から上記のASC-USに限り、HPV検査が保険適用となりました。

子宮頸がんの予防ワクチンについて

子宮頸がん予防ワクチンは、発がん性HPVの感染から長期に亘ってからだを守ることが可能です。
海外ではすでに100カ国以上で使用されています。

子宮頸がん予防ワクチン
ワクチンとは、病気の原因となる細菌やウイルスなどをあらかじめ接種しておき、病気を防ぐ方法です。

子宮頸がん予防ワクチンは、発がん性HPVの中でも特に子宮頸がんの原因として最も多く報告されているHPV16型と18型の感染を防ぐワクチンで、海外ではすでに100カ国以上で使用されています。日本では2009年10月に承認され、2009年12月22日より医療機関で接種することができるようになりました。

感染を防ぐために3回のワクチン接種で、発がん性HPVの感染から長期にわたってからだを守ることが可能です。しかし、このワクチンは、すでに感染しているHPVを排除したり、子宮頸部の前がん病変やがん細胞を治す効果はなく、あくまでも接種後のHPV感染を防ぐものです。

子宮頸がん予防ワクチンは、子宮頸がんの原因となりやすいHPV16型とHPV18型のウイルスに対する抗体をつくらせるワクチンです。なお、このワクチンに含まれるウイルスには中身(遺伝子)がないので、接種しても感染することはありません。

予防ワクチンの接種方法

半年の間に3回接種で、最長6.4年間、HPVの感染を防ぎます。
ただし、子宮頸がんを完全に予防するためには、接種後も年に1回は子宮頸がん検診を受けましょう。

子宮頸がん予防ワクチン
子宮頸がん予防ワクチンを接種することでHPV16型とHPV18型の感染を防ぐことができますが、全ての発がん性HPVの感染を防ぐことができるわけではありません。そのため、ワクチンを接種しなかった場合と比べれば可能性はかなり低いものの、ワクチンを接種していても子宮頸がんにかかる可能性はあります。

子宮頸がんを完全に防ぐためには、子宮頸がんワクチンの接種だけではなく、定期的に子宮頸がん検診を受けて前がん病変のうちに見つけることが大切です。
ワクチン接種後も、年に1回は子宮がん検診を受けるようにしましょう。

子宮頸がん予防ワクチン  1回 19,500円~